モンステラを冬囲い


おはようございます。
北海道在住 美しい暮らしの空間アドバイザー 風穴三樹子(かぜあなさきこ)です。

 

去年の冬、わが家にやってきたモンステラ…
家の中で「冬囲い」をして、冬を乗り越えました!

冬囲い…?


冬囲いとは、樹木の冬支度のことです。

竹や縄やムシロのようなものを使って、雪や寒さから木を守ります。

 

 

雪の降る北海道では、冬が近づくとこの光景があちらこちらで見られます。
毎年毎年、見慣れている風景です。

そして、去年から、わが家でも家の中でこれに近い光景が見られるようになりました。

古くてかなり寒いわが家…家の中なので風も雪もありませんが^^
寒さ対策として冬囲いを応用することにしました。

モンステラを冬囲い


冬囲いをしよう!と決めたものの…
モンステラは、あっちにもこっちにも、自由な方向に葉が広がります…


 

葉を傷つけずに周囲を囲むには…?

また、戸外とは違って、囲いは寒い夜間だけでいいのでは…?

ということは、着脱可能な、やわらかい素材?

悩みました。

 

帽子…?


あれこれ考えすぎてよくわからなくなってきました…

とにかく、防寒、保温に効果のありそうなことをやってみようということで…

新聞で、フワッと周囲を巻き、上部をふさいで、三角帽子のような形にしました。
これで根元まですっぽり覆います。
茎も短く、まだ全体的に小さいので、覆うことができました!


(形はこんなイメージです)

 

たったそれだけのことですが、効果はあったようです。

真冬に近づくにつれて、帽子?を2つ、3つ重ねたり、
机の下に置いて、机ごと全体を布で覆ったりしました。

冬の間、とにかく枯れないようにとひたすら気をつけました。

 

 

毎朝、起きたらまず、葉の様子をしげしげと確認しました!

無事に冬を乗り越えてとにかくほっとしました。

 

 

春になり暖かくなると、新しい葉が出てきて、あれよあれよという間にいちばん大きな葉になりました。
生きてる!と、ちょっと感動です…


 

ただの「葉っぱ」というよりは…


今まで、植物のことをこんなにあれこれ考えて、一生懸命世話したことはありません。

家にある、ただの「葉っぱ」というよりは…


元気かな?水は足りてるかな?寒くないかな?暑くないかな?次の葉はいつ出てくるかな?

はい、なんだか子供を育てている気分です笑

 

 

こちらではあと一か月もすると冬の支度がそろそろ始まります。

今年の冬囲いはどうしましょうか…

去年より大きくなったので、もう三角帽子は無理そうです。

組み立て簡単、しまうのも簡単、テントのような感じで、すっぽり覆えるもの…?
ただいまあれこれ妄想中です。

 

いつもご覧いただいてありがとうございます。
安東流をたくさんの方に知っていただけるよう
ブログランキングに参加しています ↓ ↓
一日一回、応援クリックをしていただくと、ポイントがランキングに反映される仕組みです。
お帰り前にポチッとしていただけると嬉しいです!


掃除・片付けランキング