皆さまにも知ってほしい、安東先生がいつもおっしゃっていること