思い出の絵本が大量に~まだまだ家で活躍してもらいます

「美しい暮らしの空間アドバイザー」北海道の風穴三樹子(カゼアナサキコ)です。

子供がもう読まない絵本の使い道を考えてみました。
処分するのはいつでもできますが、今はなかなか買い物も思うように行けないので絵本も貴重な気がして…
絵本をぱらぱらめくって思い出にひたりながら、思いついた使い道はこちら↓

子供から親へ「読み聞かせ」

子供が小さくてまだ文字が読めない時には、私が子供へ読み聞かせをしたわけですが、今度はその逆で…
子供に絵本を読んでもらって、私が聞き役になろうと考えました。

どうしてそんなことを思いついたかと言いますと…
3人の子供がかわるがわる「読んで~~」と言って本を持ってきていた時代…
毎日毎日延々と私が一人で読む役でした。
物語ならまだしも、「のりもの図鑑」のような本を最初から最後まで音読するのはかなりキツかったです笑。

その時考えていたこと…この子たちが大人になったら、読み聞かせもけっこう大変だったんだよ!と絶対伝えたい!
子供が自分で本が読めるようになるまでの辛抱、辛抱!と自分に言い聞かせていました。

読み聞かせ…そんなに嫌いな方ではないけれど、のどがカラカラになるまで一人で延々と読み続けるのはやっぱりちょっとツライものがありました。

 

絵本をぱらぱらと見ていたら、そんなことを思い出してきて、まだ大人になっていないけれど、今、読み聞かせしてもらおうと思いつきました。

子供に本を読んでもらって自分が聞く、というのは口実で、ただ本にまつわる昔話を私が子供に言いたいだけかもしれません…



子供に、本を読んで聞かせて、と言ったらエェェ?…
という感じでしたが、始めてみるとけっこうおもしろくて、今のところ続いています。
何がおもしろいかと言いますと…
絵本なので、色々とつじつまがあわなかったり矛盾したりしているところがあります。そこに、ああでもないこうでもないとみんなでツッコミをいれています…
あとは、子供が「へぇ~こんな話だったんだ…思っていたのと違う…」というのが多いです。記憶の中の話とは違うようです。
それから私の昔話・思い出話ですね。これは話しているうちに次から次へと思い出してとまらない感じです。

子供に読み聞かせをしてもらう予定だったのですが、なんとなく…
私も読み手の一人として参加することになりました。
読んでみると、口が勝手に動く感じですね(笑)やっぱり何十回も何百回も?読んだだけのことはあるなと思いました!

#おうちで過ごそう、のアイテムの一つに絵本が加わりました。
しばらくはこれでワイワイ楽しもうと思います。

一日一回クリックしていただくと、ポイントがランキングに反映されます。ブログ更新の励みになります!お帰り前にポチッとお願いいたします。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


掃除・片付けランキング

片付けのお申し込みは受付しております。まずはご相談ください。

風穴三樹子へのお片付け依頼はこちらへ

料金について

お電話相談受付中です

お申込みの流れについて…ぜひ一度お読みください