ビフォーアフター「寝室その3」赤ちゃんに安全で、自分が楽で、夫もくつろげるスッキリした家を!⑥

お片付け依頼 ホームページはこちら↓

写真・思い出の品セミナー開催↓

Zoom相談でおうち丸ごとお片付けを終えたTさん宅のビフォーアフターをご紹介しています。

ブログ掲載許可いただいています ^^

2LDKにお住まいのTさんご家族。
北側の倉庫状態だった部屋がいよいよ完成です!

片付け中は、部屋いっぱいに物、物、物……です

こちらの北側のお部屋の片付けをちょっと振り返ってみましょう。

まずは、クローゼットの中の物を全部出しました。
そして、部屋の中の物もあわせて、並べたところです。
ドッサリありますね。
部屋の半分が埋まっています。
片付け中 全出し



入り口側の棚に置いてあった物を出して、全部並べたところす。
これまたドッサリ。棚の中の物 分類



ブログでは、わかりやすいように一部屋のみのお片付けをお伝えしていますが
実際はどのように進めたかと言いますと……
〇ご主人の仕事部屋
〇倉庫状態の部屋
2つの部屋を並行して片付けを進めていました!

片付けが終わるまでは、2つの部屋のどちらにも物がたくさん並んでいて、
ぱっと見には「大丈夫なの??こんなにたくさん物を出して??」という状態でした😅

各部屋のクローゼットを含め 全出し、掃除、分類、整理……
それに加えて、
家事と、3ヶ月の赤ちゃんの世話と……
Tさん、よく時間を捻出しましたよね~!!

そして、物の見直しが終わったら、収納です!
クローゼットの中にTさんの衣類や赤ちゃんの物をおさめて……クローゼット アフター


引出し3つ分に工具や梱包材、ストックを収納し……工具、ストック、防災用品 アフター



この部屋の目指す形が見えてきました!

納戸って、本当に大事!

こげ茶色の衣装ケースの前に並んでいるのは、ゴミ収集の日まで保管しておく段ボールや資源ごみ。
Tさんのお家では、廊下にも玄関にも、他に置いておけそうな場所はありません……

毎回、何かしらのゴミは出てきて期限まで保管しなければならないということで、
もうこの部屋の一角は納戸スペースとしてそういった物を置く場所にしました。

そして、使い道のなかった蓋付のケースも、何かしら出てくる物の保管のためにひとまず使うことにしました(^^♪

Tさん
納戸って、本当に大事なんですね、、、
次に引越し先を考える時は、こういう物を置くスペースがあるかどうかも考えないとダメですね!

寝室 ビフォーアフター

BEFORE倉庫部屋 片付け前 ビフォー
AFTER寝室 アフター

棚から、引出し収納へと変えました。

寝室 アフター
寝室 アフター

蓋付ケースは、資源ごみを一時的に保管したり、あまり出し入れすることのないストックなどを入れたりしています。
掃除機も、残念ながら収納できるスペースが無いのでこの場所に置いています。

 

BEFORE洋服の収納 ハンガーラック 片付け前 ビフォー
AFTER寝室 アフター

入り口から入って正面は、何も無い空間になりました🎉
Tさん
この部屋って、こんなに広かったんですね😂
改めて比べてみると、びっくりします。



BEFORE倉庫部屋 片付け前 ビフォー
AFTER寝室 アフター

布団を収納するスペースは無いので、立てたり、台の上に畳んで置いたりしています。
Tさん
この部屋が片付いて、いちばんビックリしているのは夫かもしれません、、、
夫が独身時代に一人で住んでいた時も、この部屋は物置部屋のような使い方だったそうで、、、
結婚してからも、
この部屋はやっぱりこういう使い道しかないのかな~と思っていたそうです。

でも
片付けたら、使える部屋になった!!!!
と 本当に喜んでいました🤩

片付ける前は
ご主人の仕事部屋には背の高い本棚があり
倉庫のような北側の部屋は物があふれていて
家族3人が寝られる場所と言えば……リビングしかありませんでした。
寝る時に布団をリビングに移動し、
朝、起きたら布団を他の部屋に移動する、という生活をしてこられたそうです。

それが 片付けたことで 
親子3人でゆっくり寝られる部屋ができました(^^)v

「片付いた!!」を実感した瞬間

この部屋は、家の中の北側にあり、リビングからは離れています。
そして物もたくさんあって空気が流れない部屋だったそうです。

Tさん
片付け終わったら
この部屋に空気が流れ込むようになったんです!!
リビングの窓を開けたら、この部屋にも風がスーーーッと吹き抜けるのが感じられて✨

うわーー風が流れた!!と思いました😭
もう
本当に嬉しいです💕💕

「寝室(に、したい部屋)」は、本当に「寝室」となりました♡


ブログランキング参加中|クリックで応援お願いします

札幌、北海道全域お片付けに伺います

フォローしていただけると嬉しいです

コメント

コメントする

目次