納戸収納を上手に使いこなして部屋の中が片付く実例ビフォーアフター①

お片付け依頼 ホームページはこちら↓

納戸・階段下収納・廊下収納…みなさんの家では、こういう場所は今どうなっていますか?
スッキリ!ばっちり片付いている方は、片付け上手さん…ですね!

どこに何が入っているかわからない…
何かを探すのに一苦労…
そもそも何が入っているかわからない…
もう何年も開けていない、見ないようにしている…

物置・納戸など、見えない場所から徹底的に片付けるのが安東流。そしてリバウンドを防ぐ本物のお片付けです。見えるところだけ片付けていても、それは「とりあえずの片づけ」ですね。

私が実際に片付けに伺ったお宅のビフォーアフターを現在までに丸ごと3件、このブログに掲載しています。その中から納戸のビフォーアフターを見てみましょう。

目次

広くて持て余し気味の納戸

5人家族、5LDKにお住いのBさん。とても広い納戸がありました。部屋にしてもよいくらいです。そして広すぎるがゆえに、ありとあらゆるものを「とりあえず」入れていき、月日がたち…あまり近寄りたくない場所…になっていました。

BEFORE

AFTER

工具・キャンプ道具・季節外の靴・ストック品など…カテゴリーをきっちり分けました!倉庫のように、どこに何があるか一目でわかります。

何を入れたらよいのか困っていた廊下収納

5人家族、4LDKにお住いのFさん。
家の中に十分な収納スペースがありましたが、ココに何を入れたらよいのか?と悩んでいらっしゃる感じでした。
なんとなく、買い物かごとクーラーボックスが置かれています。

BEFORE

 

AFTER

掃除機・フローリングワイパーのシート・雑巾など、掃除グッズが集合しました。

階段下収納を有効活用してキッチンがスッキリ

4LDK、5人家族のHさん。とても使いやすい場所にある階段下収納でしたが、上手に使いこなせていませんでした。
キッチンから階段下収納へ…とあるものを移動して、キッチンがスッキリ使えるようになりました。

BEFORE



AFTER

キッチンから移動したものとは、冷凍庫です。ストック品を入れているので、普段はそれほど使いません。引き出しの中は、こちらのお宅も掃除用品があちこちにあったので、階段下に集合しました。

こちらのHさんのお宅には、実はもう一か所、広い広い納戸があります。

大容量の納戸

BEFORE



AFTERアルバム、お子さんたちの季節外の道具、スーツケースなどが収納されています。

他人には見られない場所

3件はそれぞれ、広さも収納してあるものも異なります。

それでも、アフター写真に共通して言えるのは…生活に必要な物がサッと取り出せる収納、そして、戻しやすい収納ということです。

お客様に見られることはない場所ですが、ここが片付いていると、開閉するたびに気持ちが良いです。
「やるべきことをやっていない…」という後ろめたさがなく、自分に自信が持てる感じがしますよ!

納戸収納の片づけについての話、次回に続きます。

ブログランキング参加中|クリックで応援お願いします

札幌、北海道全域お片付けに伺います

フォローしていただけると嬉しいです

コメント

コメントする

目次