思い出の絵本が大量に…使い道がないか考えてみました

「美しい暮らしの空間アドバイザー」北海道の風穴三樹子(カゼアナサキコ)です。

毎年春休みには、子供たちがプリントとか教科書とか、もう使わないものの見直しをします。
進級前にサッパリと…ということで、今年もやりました。
そして、大量の絵本を「もう読まない」ということで自分の部屋から持ってきました。

まぁ~もう絵本は読みませんよね~
数年前にもかなり処分したのですが、まだまだたくさん残っていました。




改めて手に取ってみると、懐かしい本がたくさん。
そういえば、子供が一人だった頃は、寝る前に読み聞かせをしていました。
まだ一人だったので余裕がありました。

でも寝る前に本を読むと、子供はもう眠くて眠くて船をこいでいるのに…私が読み終えると「まだ読んで!!」と言い張って大変でした。寝る前に本を読む習慣を作った自分を呪いたい気分でした…
子供が2人、3人…と増えていくと寝る前はバタバタして本なんて読んでいる暇はなく、読み聞かせはあっけなく終了。

でも昼間は、とにかく読んで読んでと本を持ってくるので、
あーーー早く字を覚えて自分で本が読めるようになってくれないかなーーー
と切望していました。
あ、い、う、え、お、と読めるようになっても、本を自分で読めるかどうかはまた別なんですね…
何十回、何百回と読んで聞かせた本もあります。今でも暗唱できるくらい読んだ本もありました。
年をとっても何十回何百回と読めばまだまだ暗記できるんだなあ…とぼんやり考えていた記憶があります。

子供がもう読まないといって持ってきた絵本。
この中から、私の思い出となる本は取り出して取っておこうと思います。
残りの本はどうするか…
処分する?でも、今はなかなか買い物も行けないし、なんだかこの本って貴重だなぁ…と思えてきました。
何か使い道はないかな…と考えて、ちょっとしたアイデアを思いつきました。
(たいしたことではないので、そんなに期待しないでくださいね!)
次回に続きます。

 

一日一回クリックしていただくと、ポイントがランキングに反映されます。ブログ更新の励みになります!お帰り前にポチッとお願いいたします。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


掃除・片付けランキング

片付けのお申し込みは受付しております。まずはご相談ください。

風穴三樹子へのお片付け依頼はこちらへ

料金について

お電話相談受付中です

お申込みの流れについて…ぜひ一度お読みください