仕事の基本は「好きこそものの上手なれ」?

「美しい暮らしの空間アドバイザー」風穴三樹子です。

小学生の娘に、お母さんの仕事ってなんて説明するの?と聞かれた話を書きました。
その後中学生の息子とも、将来の仕事って…自分はいったい何をするのかなぁ…なんていう話をしました。

休校が終わって学校が始まっても、今までの常識が今後も通用するかはわからなくなってきましたよね。将来もなんとなく不透明。子供もそのあたりを感じているそうです。

AIではできない仕事が残っていく、なんて言われていますが、
この先どんな仕事に就くかわからないけれど、好きなことを思う存分とことん楽しんで追求したらいいんじゃないのかな~というようなことを子供には言いました。
趣味とまでは言えなくても、なんだか好きでやっていること、それがいつどこで役に立つかわからない…という自分の体験を話しました。


私の今の仕事は、家の中を片付けることですが、子供の頃にそんな職業に就くなんてもちろん考えたこともなかったです。

でも、子供の頃から整理整頓とか掃除とかは好きでしたねぇ~
秩序なくバラバラになっている物を整列させるのが好きというか…
いや別にまっすぐじゃなくてもいいんじゃない…
同じ種類でそろえなくてもいいんじゃない…
誰もそんなことしていないよ…
と自分で自分にツッコミをいれていました。
きっとそんなことを気にするのは自分くらいだし、気にしても仕方ないよね~でも気になるんだよね~
なんて思っていましたが、今の仕事にはとても役に立っています。

 

あとは、本を読むのが好きで好きで…
(そういえば子供の頃、学校帰りに一度だけ、図書室で借りた本が気になって気になって…家に着くまで我慢できなくて、読みながら帰ってきたことがありました。まぁ田舎なので車の心配はないんですが。でもこれは本が好きと言うよりせっかちなのかも笑)

でもそれを職業に結びつけようと考えたことはないですね。
文章を書く仕事と言えば、作家とか、文学の研究とか?
ま、文章を書いて食べていけるほどの才能はなさそうだし…と思っていました。

今の仕事を選んだ時、ブログも書くことになり…まさか自分がブログを書くなんて考えたこともなかったんですが、文章を書くのは苦にならないのでホント良かったです!

 

それから、趣味で北海道内のあちこちを登山やらキャンプやら旅行やら…
車で端から端まで走り回ってきたこと…
これが片付けに伺うのにとても役に立っています。地名を聞けばルートとか時間とかすぐに浮かびますし、パッキングとか旅行の準備も好きな方なので…

 

好きなことを仕事にできるとは限りませんが、好きなことがあると何かしらどこかで自分を助けてくれるよ、というのが私の実感です。
あとは、私の場合は好きなこと以上に苦手なことも多いので、苦手な物との上手な付き合い方も生きていく上では役に立つよなんて言っています。

そういえば、私も自分の子供の頃には親に聞いていましたね。どうして今の仕事を選んだの、と…
やっぱり何かしら好きだったり得意だったりする要素が入っているからと言っていました。
親はいちばん身近な大人なので、話に真実味がありましたね。
さて、まだ先の話ですが、子供たちはいったいどんな仕事に就くのでしょうか…??

 

片付けに悩む方々に安東流・本物のお片付けを知っていただきたいと願っています。ブログランキング参加中。クリックで応援していただけたら嬉しいです(^^) ↓ ↓ ↓


掃除・片付けランキング

まずはご相談ください!!

風穴三樹子へのお片付け依頼はこちらへ

料金について

お電話相談受付中です

お申込みの流れについて…ぜひ一度お読みください