道東旅行記1 知床

「美しい暮らしの空間アドバイザー」風穴三樹子です。

北海道の東側、道東方面へ家族でキャンプに行きました。

中3の長男が一緒に来るかどうか…行かないと言われたら今年はあきらめようと思っていたら意外にも
「行く行く!行くよ」
なぜか積極的でホッとしました!

行先は天気任せ。雨雲から遠そうな場所を考えて、出発です。

子供が生まれる前は、毎年のように行っていた知床(しれとこ)へ。
前回から15年くらいはたっていると思います。

北海道の西側から東側へ横断するので、かなり遠いです。片道400キロ超。
子供が何泊も泊まれるようになったのでやっと行けます!!

 

道路のすぐ脇にあるオシンコシンの滝。



 

滝のすぐ近くまで行けます。
せっかく来たのだから滝をバックに写真を撮ろう、と言ったら長男は

「いや、俺は写真はいやだ」←これ、いつものパターンです笑

「お母さんも知床に来るのは15年ぶり。家族で一緒に知床に来れるのは次はいつかわからない。だから絶対写真は撮った方がいい!!」
…と妙に力を込めて説得したところ、あ、あぁ…わかった。と素直に写真に入りました。
家族で一緒に出掛ける機会はめっきり減って、まして写真を一緒に撮ることなんてまずありません。
いつもは、一緒に撮ろう、と言っても拒絶(笑)されるのですが、今回はロケーションが良かったのかすんなりOKでした。

羅臼(らうす)のキャンプ場。もやがかかっていて、夜は吐く息が白かったです…8月上旬でしたが、さすが道東…

 

翌日はフレペの滝へ。
天気も良くなってきました。
知床世界遺産センターから遊歩道があり、わりと手軽に行ける場所です。


 

なかなか写真ではうまく表現できません。〇〇サスペンス劇場も真っ青になるような断崖絶壁。昔からずっとこの状態のままで残っているんでしょうね。




帰りの遊歩道で…熊を見かけました…夫が。

ヒグマです。30メートルくらい離れたところを通りすぎていったそうです。
「熊がいたよ」と言われても信じなかった私…
写真を見せてもらって仰天しました。


私は見ていないのですが、すぐ近くにいたと聞いただけで心臓ドキドキです💦
世界遺産センターのスタッフの方に知らせたところ、調査のためか、フレペの滝遊歩道は一時閉鎖されていました💦


ヒグマで思い出したのですが…
15年位前、夫と二人で知床の山、羅臼岳に登りました。
(今回は曇っていて写真が撮れなかったので画像はネットからお借りしました)


山頂で泊まろうとテントを持って行ったのですが…
巨大な、見上げるような大きさの食料保存庫が山頂付近にデーンとそびえていました。
ものすごく頑丈そうな、ステンレス製業務用冷蔵庫みたいな感じです。
熊が食料を漁らないように、食料はこの保存庫に入れてくださいという注意書きがありました。
テントの中に食料が残っていれば、熊が食料を求めてテントに入ってくるかもしれないからです。

大自然の霧が立ち込める中に、巨大冷蔵庫のような装置があるのは異様な雰囲気でした。
テントは2張りか3張りくらいありましたので、泊まってもきっと大丈夫なのでしょう…
でも私も夫もとてもテントを張る気分にはなれず、そのまま下山しました。

 

同じ北海道内と言っても、私の住んでいる地域ではヒグマにバッタリ会うようなことはまずありません。
知床ではヒグマはとても身近な動物ですね。旅行で訪れただけですが改めて実感しました。
子供たちともひとしきりヒグマの話題で盛り上がりました。

片付けに悩む方々に安東流・本物のお片付けを知っていただきたいと願っています。ブログランキング参加中。クリックで応援していただけたら嬉しいです(^^) ↓ ↓ ↓


掃除・片付けランキング

日本美しい暮らしの空間プロデュース協会からのお知らせ
新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点から、アドバイザーの訪問作業はお客様と個別にご相談の上対応させていただきます。
お客様とアドバイザーの安全を最優先として活動してまいりますので、今後ともご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。

☆風穴三樹子へのお片付け依頼

☆料金について

☆お申込みの流れについて…ぜひ一度お読みください

お電話によるご相談も可能です。
☆電話相談の申し込み
☆電話相談について詳しい内容はこちら