作り手の気持ちを感じる書類ってありませんか?

北海道在住 片付け収納のプロ「美しい暮らしの空間アドバイザー」風穴三樹子です。

北海道全域 “おうち丸ごとお片付け”に伺います!
風穴三樹子への片付け訪問申込み お電話相談 Zoom相談

安東流 書類整理Zoomセミナー 2022年4月期
安東流 書類整理Zoomセミナー お申込みはこちら

これまでいただいた感想はまとめてこちらから読むことができます↓
書類整理Zoomセミナー受講生の感想[2021年度]
書類整理Zoomセミナー受講生の感想[2022年度]
さまざまな年代の方の感想はとても参考になると思います(^^)ぜひご一読ください。


学校は春休み。
子供3人とも、学期末は色々な書類・プリントを持って帰ってきました。
これから新学期にかけて、進級・進学で紙モノに頭を悩まされる季節💦という方も多いのではないでしょうか。

学校から持ち帰る紙モノは、
「どうしたらなくせる?」……というような、処分することが前提?で語られることが多い書類ではないかなと思います。

私の家でも、残される書類はそれほど多くありません。
でも中には
大事な紙✨
の扱いをされているものもあります。

親子で取り合い?になったプリント

学校から持ち帰るプリント、書類。
子供から手渡されて、目を通して、子供が使う書類は子供に返します。
私が取っておきたいと思ったものは、自分の手元に残しています。

先日、小学生の娘との、書類をめぐる会話はこんな感じでした。


「この紙はお母さんがもらっておくね」

「エッ それは私が取っておきたい!」

「えっ。。。そうなの??
  それなら、渡すけど。。。」

「だって、前の分も自分で取ってあるよ!」

そう言って、2階の子供部屋から同じ種類の書類を持ってきました。


「わぁ、大事に取ってあったんだ。。。」

 

さて、親子で取り合い?になったこの書類、内容は何だと思いますか?

答えは

学校だより

です。


クラスや学年ではなく、学校全体に関する内容が書いてあるおたより、です。

取り合いになったのは、
校長先生のお話が載っているから、なんです。

(全校集会とか、終業式とか、卒業式とかで校長先生がお話しした内容の要約)


 

このお話というのが、毎回毎回、心が動かされるというか
なんかこう、ジーーーーンとくるんですよ……

いいこと書いてあるね、ためになるね、というより

全くその通り!
そうだそうだ!
それが大事なんだよね!
わかるわ~~!


と共感する内容、と言ったらいいでしょうか。


「この話、すごいね、なんか、感動したよ、、、」

「うん、私も、集会の時に聞いて感動した!
  〇〇だから△△なんだってね、、、」


子供にも記憶に残るような話なんですよね。



「自分で取っておこうと思ったけど、お母さんが取っておくなら一緒に取っておいて!」
と紙を手渡されました。

はい、張り切って早速リングファイルにファイルしました(^^ゞ

作った人の気持ちがわかるので……

安東先生がよくおっしゃるのが

「ほら、私ってDIYとか、色々と作る人だから、何かを作る人の気持ちってわかるのよね……」

テレビ出演したお宅でも、もともとあった手作りの本棚をベッドとして使ったり、靴箱だった棚を洗面所に使ったりされていますよね!
Before After テレビ朝日ワイドスクランブルIさん宅

作った人の気持ちを汲んで、ちゃんと使えるように活かす。
安東マジックは、物もマジック⁈と思うくらい鮮やかに動かすけれど 
人の心も動かすマジックだなぁ~
と思って当時テレビを見ていました(^^♪



私は物を作ることはほぼしないんですけども
文章は作ります。
このブログに書くこともそうですし、他にも諸々あって、なんだか最近はいつも文章を考えている気がしないでもないです(;^ω^)

文章を作るのは好きな方ですし、割と得意だとは思うんですが
それでもやっぱりあれこれ悩み考えて時間がかかるものです。


これは……作るのにとても時間がかかっただろうし、
考えるだけでものすごく時間を費やしているし、

気持ちがこもっているな~
伝えたいことがあって、一生懸命書いたんだな~

そんなことが感じられる文章ですと 
むげには扱えません……

気持ちを温めてくれる紙モノ(^^♪

学校だよりに載っている、校長先生のお話。
とてもわかりやすく、スーーッと頭に入ってきます。
何度も何度も読み返したい文章。
文豪が書く名文というのとはちょっと違うけれど、子供にもわかりやすい言葉で書かれた、心に響く文章。

私もこんな文章が書きたいな~と思います!



この内容を作り上げるには相当の時間がかかっているはず!!

なんというか
作り手の気持ちが伝わってくる文章です。


子供が学校から持って帰るプリント・書類。
私も、手元に残している紙の方が少ないです。

必要なお知らせを確認したら不要な紙となるのでしょうが、
最初から邪魔者扱いされることが多くて、なんだかなぁ~と時々感じます。

書類って、文字や文章が書いてある。
ということは、どこの誰かはわからないけれど、必ずどこかに書類の書き手・作り手がいるはずで……
全部が全部を大事に取っておくことはできないですが、そんなに邪険にしなくてもいいのでは??と
疑問が湧いてくることもしばしば……。


作り手の気持ちが伝わってきて、自分の気持ちを豊かにしてくれる紙ものなら 何度も読み返したいです!
10年後、20年後に私や娘の気持ちをじわぁーーっと温めてくれる紙、
思い出すとほんわかした気持ちになれる紙、

このおたよりは、そういう存在になりそうな予感がして……しっかりファイルしました(^^ゞ

忘れたころに見返したら、きっととても懐かしい気持ちになる紙じゃないかと思います。


 

☆片付けで悩む方に「安東流お片付け」が届くよう、人気ブログランキング参加中☆
バナーをクリックで応援
をお願いいたします!!
↓↓↓
一日一回クリックでポイントが入ります

風穴三樹子への片付け依頼はこちらへ↓ 
北海道全域に伺います!

安東流お片付けのすべてがわかります↓安東流お片付けの全てがわかるページ

書類整理セミナー講師をしています
安東流の書類セミナー  受けられるのはここだけです↓
(許可をいただいた方のみ写真掲載しています)

安東流 書類整理Zoomセミナー

 
▶片付け料金のご案内

▶お申込み前にご確認ください! お申込み~作業~お支払いの流れ

▶Zoomで一緒にお片付けをしてみませんか

▶お電話で片付け相談できます

▶もう悩まない!一生使える!「書類整理ハンドブック」

▶安東流 書類整理Zoomセミナー【定期開催】

▶「美しい暮らしの空間アドバイザー」ってどんな資格?

▶「おうち丸ごとお片付け」は、どうして本当に片付くの?

▶安東流のアドバイザーはここが違う! 私たちができること

▶今までも これからも実力№1 本物のお片付け 5つの自信

▶安東英子先生からのメッセージ

▶安東流でおうち丸ごとお片付けを終えたお客様の声