【片付け事例】頑張れば、収納できるはず……①

お片付け依頼 ホームページはこちら↓



今日は、Zoom相談でおうち丸ごとお片付けを終えたお客様の事例をご紹介します。
こちらの記事でも一部ご紹介させていただいたお宅です↓

あわせて読みたい
定位置を決めれば片付く?【定位置を決めても守れない・元に戻せない】問題 「定位置を決める」ことは、それほど簡単ではないんです……

残念ながら写真は掲載できないのですが、エピソードについてはブログ掲載OKをいただきました。
(掲載した写真はイメージです)

子供3人の5人家族 

【家族 構成】 ご夫婦とお子さん3人の5人家族。お子さんは小学生男子2人と2歳の女の子です。

【間取り】 2LDK。リビング以外に個室が2つあります。

部屋の使い方は……
1つは子供3人で使う子供部屋にしていました。

子供部屋はリビングの隣です。
小学生男子の机や学用品、おもちゃ。
2歳の女の子のおもちゃ。
これらが全部1つの部屋の中にありました。
子供のおもちゃや学用品が床に散らばり、リビングにも点々と連なっている状態です。

 

 

もう1つの個室は、家族5人の寝室として使っています。
(就寝時は、布団を敷いています。寝具は、昼間は畳んでベッドの上に置いています。)
寝る時以外は使わない部屋なので散らかっている感じではないです。

お申込みの時に、こんなコメントをいただきました。

お客様
とにかく常に家が汚く、落ち着きません。
何かが床に落ちているし、よくものも無くなります。

中でも一番悩んでいるのは、子ども部屋です。
安東流を知り、各部屋の役割を明確にして、子供用品を子供部屋へまとめる…まではしたのですが、その先の仕組みづくりがうまくいかず、困っています。


こちらのお宅の片付けで考えるべき主なポイントは2つありました。

☆収納スペースが足りない

☆部屋割りが違っている


まずは、収納スペースが足りない点について↓

引越しはしたいけれど、今の家でも頑張れば5人分収納できると思う

まずは収納スペースについてどう考えていらっしゃるのか?を聞いてみました。

風穴
半間のクローゼットが2つ、引出しも使って工夫して収納していらっしゃると思います。
でも、収納スペースが足りなさそうですね……
今後、引越しするご予定はありますか?
お客様
そうですね、いい部屋があったら引っ越したいと思って探していますがなかなか見つからなくて……
風穴
今の状態でもかなり厳しいですが……
このままですと、今後ますます収納スペースが足りなくなってくると思いますよ。
今は下のお子さんがまだ2歳ですが、これから洋服のサイズも大きくなりますし、おもちゃやら学用品やら物が増えていきますので。
お客様
そうですか……
収納、足りないんでしょうか……? 私は足りていると思いますが……
物を減らして、頑張ってちゃんと収納していけば収まるのではないかと考えています。


こちらのお宅、造り付けの収納と言えば各部屋に半間(横幅90cm位)のクローゼットがあるのみ。
家全体では、半間のクローゼット2つ、廊下収納1つ(横幅40cm位)の収納で全てです。
(写真はイメージです)

子供部屋の収納
寝室の収納
廊下収納

この造り付けの収納に、家族5人分の荷物が収納できるかどうか?
決して物が多いわけではないのですが、現状は「収納内におさまっている」とは言い難いです。
ただ、「片付けあるある」かな~と思いますが、見慣れた自宅を客観的に見るのはなかなかできないことなんですよね……

お客様にしてみれば

ちゃんと片付ければ入るはず。
収納を工夫すれば入るはず。

というお気持ちがあるので、この時点ではなかなか話はかみ合いませんでした😅

これは、実際に手を動かして、分類、取捨選択、収納……と進めていくことで初めて実感できることかもしれません。

ひとまずそこはおいておいて、
次に部屋割りの話です↓

部屋割りの変更

次にお話したのは、部屋割りの変更についてです。

リビング続きの部屋(現状は3人の子供部屋)をご夫婦の寝室+2歳のお子さんの部屋

リビングから離れた部屋(現状は家族5人の寝室)を小学生男子2人の子供部屋

にするよう提案しました。

リビング続きの部屋は、子供部屋にはおすすめしない理由をお話し、ご納得いただきましたので部屋割りの変更をすることになりました。

部屋割りを決めて、その人の物は全部、その人の部屋に収納する。
これを徹底すると 誰のものがどれくらいあるのかという「量」が見えてきます。

収納スペースが足りているのか、不足しているのか、部屋割りをきちんと決めることでそれも明らかになっていきます😊
現状のお部屋の使い方は、「誰のものがどれくらいあるのか」がわかりにくい状態です。


さて、ご主人に部屋割り変更の話をしたところ、こういう返事が返って来たそうです↓

部屋を入れ替えたって何にも変わりないと思うよ。
結局、出した物をまた元に戻せばいいだけなんだから、どこに収納しても同じじゃないの?
まぁ……やってみてもいいけど。

……このように感じている方は、まだまだ多いかもしれませんね!(;^ω^)

今までは、この部屋の状態で


散らかってきた!と思ったら、リセットする。床に散らばっている物をどこかに収納する。
そして、時間が経つとまた散らかって来るので
またリセットする。
こういう生活を繰り返していたそうです。


今まで、さまざまな「片付け方法」を実践してきたそうで、本もたくさん読まれネットで情報集めもされてきました。
でも結局、「根本的な解決につながる片付け方」は知らないままこれまで過ごされてきたわけですね。
安東先生のYoutubeにたどり着いてからは、安東流で片付けよう!と試行錯誤されてきましたが、
☆部屋割りが違っていること
さらに
☆ご家族一人一人の持ち物の量があいまいになっていること

主にこの2つの理由から、「片付かない家」になってしまっていました。

論より証拠。
部屋割りを実際に変えて、一人一人の物を把握していきましょう!

子供部屋 2人分の衣類、おもちゃ、作品……半間では収納しきれない

まずは、リビングから遠い部屋を小学生男子2人の子供部屋に。
現状は、家族5人の寝室になっています。
ベッドと、ご夫婦の洋服をこの部屋から出し、隣室に移動。
そして、机2台を隣室から運び入れ、この部屋に配置します。

これ、やってみるとわかりますが、実際はかなり大変です。
机がちょっと大きかったためドアから入らず、天板を外してやっと移動したそうです💦




移動した結果、
半間のクローゼットに小学生男子2人分の衣類、おもちゃ、増え続ける作品など全てを収納することは到底無理でした💦
お客様と相談し、収納を増やすために伸縮クローゼットを購入していただきました。

本当は、机2台と二段ベッドを置きたかったのですが、部屋の広さもそれほどないためスペースが足りずベッドは無理でした。
そのため、今は布団で寝ています。
2人分のおもちゃと作品が意外とたくさんあり、造り付けのクローゼットも伸縮クローゼットもパンパンになりました。

BEFORE
AFTER

アフターの子供部屋では、布団を2枚敷くので、実際にはかなりギリギリの家具配置になっています。

風穴
男子2人の物は、この部屋に全部おさめる。を目標に片付けを進めてきましたが
実際にやってみて、いかがでしたか?
お客様
はい、本当に難しかったです😭😭
(子供部屋の配置は、ご相談しながら何回か変更して、ようやく今の状態に落ち着きました)
クローゼットに全部入るかと思っていましたが、全然そんなわけにはいかず……
下の子は、クローゼットのポールに手が届かないこともわかり場所を変更しましたし……
購入した伸縮クローゼットがあって初めて全部おさまったわけで、収納は足りないですね💦


主寝室 半間のクローゼットはご主人の服で埋まる

次に、ご夫婦と2歳のお子さんの寝室を作っていきます。

まず、半間のクローゼットにご主人の衣類と私物を収納したら……それだけでほぼいっぱいになりました。

奥さんと2歳のお子さんの衣類は、部屋の中にハンガーラックを置いてなんとか場所を確保。
他にベッドもあり、2歳のお子さんのおもちゃもあり……この部屋も満杯です。

BEFORE
AFTER

壁という壁には収納用品を置いて、なんとか収納を確保している状態です。

風穴
片付けてみて、どうでしたか?
お客様
あぁ~収納が全然足りませんね💦
やっとわかりました💦
風穴
そうですね😅
半間のクローゼットがあと2つあっても……
女性2人分の衣類を収納するにはまだ足りないかもしれないですね。

 

写真がないのでなかなかイメージしにくいのではと思いますが
ビックリするくらい、劇的に家の中が変わりました😊

イメージ写真ですが、こちらのお部屋が

 

 

このようにスッキリした感じです!


リビングもビシッと片付いて、今では「リセットの日」は必要なくなったそうです。



お客様が最初におっしゃっていた言葉。
頑張れば、収納できると思います。
安東流で片付けて、結果的にはそうなりましたが

最初の時点では、頑張る方向がちょっと違っていました😅
ビフォーのこちらのお部屋の状態で、
定位置を決め、頑張って元に戻そうとしても……なかなか、報われない努力だったと言えます……

旧子供部屋
旧寝室

次回は、お客様にお聞きした
片付けて、家族が変わった!
変えて良かった!
という点について、感想をご紹介したいと思います。

お片付け動画をTikTok、インスタグラムで紹介中!
フォローしていただけたら嬉しいです(^^) クリックするとリンクが開きます。


 

ブログランキング参加中|クリックで応援お願いします

札幌、北海道全域お片付けに伺います

フォローしていただけると嬉しいです

コメント

コメントする

目次