家族の一人一人が自ら動く。それが本当の楽家事!

お片付け依頼 ホームページはこちら↓

押入れ・納戸・物置 収納Zoomセミナー募集中です↓

4~5月期 書類整理Zoomセミナーお申込みはこちらから↓

最近、ご依頼くださったお客様からお聞きしたエピソードをご紹介します。

目次

洗面所の下着を移動

片付けを依頼する前は洗面所に下着や部屋着を置いていましたが、安東先生のYouTubeを見て
それぞれの個人の部屋に全て移動したそうです。

「洗面所に下着を置かない」と発信しているのは安東英子先生だけと言っても過言ではありません
洗面所に下着を置かない!と言い切る理由とは?皆さまも一緒に考えてみてください☆

下着を移動後、小学生のお子さんがお風呂に入る時の話です。


これまでは洗面所に下着があったのに、今日は無い。
あれ……?どこだっけ……?と戸惑っていたそうです。

母と子の会話

下着も服も、全部子供部屋に移動したよ

子供

えーーー
部屋に取りに行くの面倒くさい

だから
部屋から先に下着や着替えを持って
お風呂に入りに来たらいいでしょ

子供

……なるほど!!

「なるほど!」に込められた意味

お子さんの言った「なるほど!」は
なかなか興味深い言葉ですね。


これまでは、お風呂に入る時には
そこに行きさえすればよかった。
何も考える必要はなかった。
行けば下着も部屋着もお風呂の近くにそろっているから。

今は、部屋に服を全部置いてある。
だから、お風呂に入る時は
前もって準備して部屋から着替えを持ってこなければならない。

お子さんの心の中を推測すると、こんな感じでしょうか……?

なるほど!
前もって持ってこないとダメなんだ

なるほど!
(今まではママが準備して洗面所に置いてくれていたけれど)
今度は自分で用意するんだね

この「なるほど!」には
色々な意味が含まれていて、
子供の成長の第一歩だな~!!という気がしました。

本当の楽家事!

これまでは、洗面所に子供の下着や部屋着、アウターなどが置いてあったので
お子さんは家のあちこちで着替えをしていたそうです。

子供部屋に自分の衣類や持ち物を全部集めて収納し

着替え、身支度は全部この部屋でするんだよ

と教えてあげた方がお子さんも混乱しないし
将来的にも子供自身も困らないのではないでしょうか。



こちらのお客様は本当に毎日忙しくされている方なので
合理化できるところはどんどん合理化していかないとアップアップになって疲れ果ててしまうと思います。

生活の色々な場面で、自分の部屋に自分の物が集まっていて
その部屋の持ち主(子供部屋なら子供)が自分で自分の物を管理する。
これがいちばん合理的な仕組みですよ~!


家族それぞれが自分のことは自分でする。
これが本当の楽家事です✨

家の中の家事が上手く回っていない!
自分(お母さん、奥さん)だけが頑張っている!
と悩んでいる方は

その本質的な理由を考えてみてくださいね!

ブログランキング参加中|クリックで応援お願いします

札幌、北海道全域お片付けに伺います

フォローしていただけると嬉しいです

コメント

コメントする

目次