安東流からはじめよう1 依頼の理由


おはようございます。
北海道在住 美しい暮らしの空間アドバイザー 風穴三樹子(かぜあなさきこ)です。

本日よりビフォーアフターをお届けします。
Fさん、ブログ掲載を快諾いただき、ありがとうございます!

 

Fさんのお宅は、ご夫婦とお子さん3人、5人家族です。
お家は、4LDK。できたてほやほや、新築です。
おじゃますると、木のいい香りがしました!

 

ご自分で片づけられそう…


ちょっとLDKを覗いてみましょう。

 

 



 

素敵なソファですね!キレイな色です!
部屋の中は、それほど問題はなさそうですが…?

 

収納の中はどうでしょうか…


 

うーん、このあたりはちょっと お困りかな?
でも、少しアドバイスしたら自力でもできそうな感じです。

家族だけで片づけるのは…無理でした…


前々回のブログ ただいま準備中 でも触れましたが、
Fさんも、Fさんのお母様も、安東先生の大ファンです。
ブログも読んでいらっしゃって、安東流のことをよくご存じです。


今は、少し気になるところがあっても、じっくり取り組めばご自分でできるのでは…

お友達にも、
本当に片付けを頼むの?自分でできるんじゃない?と言われたそうです。

Fさんもそう考えて、新居に引っ越す前も、引っ越した後も…
この数か月、あれこれご自分で動いてみました。

 

でもなかなかうまくいかず…
私のところへ、おうちまるごとお片付けのご依頼をいただきました。

 

家族の入退院


Fさんのお子さんは男の子3人。
小学生2人と、三男さんは1歳になったばかりです。

三男さんが生まれてからの1年あまり、ご家族が入退院を繰り返してきました。
赤ちゃんの感染症から始まり、治ったと思ったらまた入院、通院も継続。
看病疲れや持病…
ご主人が退院したと思ったら今度はFさんが入院…


周囲に世話を頼める人もおらず、家族5人がギリギリのバランスを保った中で生活されてきたそうです。


 

小学生男子2人は、ご主人と留守番をがんばりました。
でも、病院に三男さんのお見舞いに行き、付き添いしているFさんと久しぶりに会うと 下を向いて涙がぽろぽろと…

 

私も経験があります。
一日、一日が綱渡りだったのでしょうね。

新居のプランニングから引っ越しまで


そんな中で、新居のプランニングも同時進行しました!
地鎮祭から引っ越しまで…ノンストップ!としか思えなかったそうです。

引越しも、三男さんの面倒を見ながらの作業でした。

 

Fさんからお片付けのご相談をいただいた時、新居はまさに建築中でした。
家族の状況が大変そう…引っ越しと同時のお片付けはいかがですかとご提案しました。
Fさん…ひとまず引っ越しをしてみて自力でがんばってみたいとのことでした。

安東流にお願いするしかない!


三男さんの面倒を見ながら新居への引っ越しを終えたFさん…
入退院は落ち着いても、まとまって片付けできる時間はほとんど取れなかったそうです。


「とりあえず生活を始められるようにしよう」ということで、収納の中にポンポンと物を入れました。
箱からは出しましたが…とにかく並べるので精いっぱい。

ここからリセットできる時間はFさんにはありませんでした。

 


いつまた三男さん、そしてFさん自身も入院するかもしれない、自分が留守にしても生活が回る家を、家族が自力で生活していける家を…


見た目をきれいに整えるだけの片付けでは無理、安東流にお願いするしかない、という結論になったそうです。

 


 

Fさんご一家は…
新居に引っ越しする前、賃貸住宅にお住まいでした。

安東流で工夫していらっしゃるのが写真からうかがえます。



Fさんから写真を提供していただきましたので、みなさまにも少しごらんいただこうと思います。

新居のビフォーアフターをお届けする前に、
Fさんのお宅の歴史…ちょっと振り返って見てみましょう!

次回は、Fさん宅の歴史その1 3LDK賃貸住宅編です。

 

いつもご覧いただいてありがとうございます。
安東流をたくさんの方に知っていただけるよう
ブログランキングに参加しています。
一日一回、応援クリックをしていただくと、ポイントがランキングに反映される仕組みです。
お帰り前にポチッとしていただけると嬉しいです!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


掃除・片付けランキング